最近増えている歯周病

少し前までは、歯槽膿漏と言っていましたが、今では歯茎が腫れるなどの症状を歯周病と言います。
歯周病は読んで字のごとく、歯そのものではなく、歯の周りに起きる病気です。

原因は、歯に付いた汚れにいる菌で、毒素を出すことで、歯茎が腫れ、顎の骨が溶けていきます。

特に痛みなどの症状がないままに進行していくので、虫歯よりも気づきにくいという特徴があります。


もし、歯を磨く際に出血があるようでしたら、歯茎が腫れている可能性があります。

歯周病は、痛く菜なら放置しておいていもいいと考える人もいますが、それは間違いです。

この病気は、ゆっくりと、確実に進んでいきます。自然に戻ることはほとんどないので、早目に発見し、治療することが大切です。



歯茎だけが腫れている状態であれば、歯石を取り、口の中を清潔な状態にすることで、腫れが治ります。



しかし、歯茎の腫れと共に、顎の骨がなくなっている場合は、簡単には治りません。

歯石を取る治療をすることはもちろんですが、症状が進んでいると、歯茎の中まで歯石が入り込んでいます。



歯石を取る治療にも時間合がかかり、歯茎から膿が出ているときは、その処置もしなければいけません。


顎の骨がなくなると、歯は支えを失ってしまうので、グラグラと動き出してしまいます。


その歯を固定する治療や、場合によっては噛み合わせの調整をしていきます。

一度失った骨を再生するには、骨の元になる成分を埋め込むなどの簡単な手術が必要になります。